【和の成功法則】CDの効果が大評判!日本人に合った成功方法とは?

こんにちは、Happycatです。

引き寄せの法則」って有名ですよね。

願望実現や成功することを少しでも望んでいるあなたは現在トライ中か、
そうでなくてもきっと一度は試みたり、本を読んでみたりしたことがあるでしょう。

でも色々やってみたけどいまいち効果を感じられずにいる、
「成功法則難民」、「引き寄せジプシー」なんて言葉も、いっぽうで目につくようになりました。

でもこれは、願望を実現したい!と思ったことがある人ならほぼもれなく通る道なんじゃないでしょうか。
わたしも実践中ですが、その気持ち…非常によくわかります!

そんなあなたにも是非知って欲しい内容の本があります。

「そうだったのか!」ときっと腑に落ちる事もあると思うし、
今回ご紹介する本がすばらしいきっかけになるかもしれません。
では、楽しみに読んでみてください。

もう、無理しなくていい。こんな成功法則を待っていた!

今回ご案内するのはこちらの本です。

その名も、「和(わ)の成功法則」。


この本のすごさは、たくさんあります。

まずは、読後感から先に言うとすれば
日本人の心にこんなに染み渡る成功の方法があったんだな…という嬉しさでいっぱいになれる内容である事です。

時間に余裕があれば半日で読めそうなくらい字も大きく、読みやすい本です。

たとえば、今までだったら難しかった般若心経などの考えなども非常にやさしく説明されていますが、これからますますこういう感性は大切な時代になってくるはずです。

もともと精神世界や引き寄せの法則にも興味のある方には、すっと入る内容なのではないでしょうか。

もしくはいちどでは捉えにくくても、繰り返して読めば理解が深まってくるでしょう。

そして更にスゴイのが付属するCDの評判。これはまた後で補足します。

執筆者の大野靖志氏ってどんな人?

まずは著者である大野靖志さんについて一部抜粋してみましょう。

世界最先端の言語エネルギー研究機関・株式会社七沢研究所統括役員。国際ロゴシスト協会代表理事。
早稲田大学商学部卒。ユダヤ教をはじめ世界各国の宗教と民間伝承を研究後、
白川神道、言霊フトマニの行を通じ、新たな世界観に目覚める。
現在は、日本から次世代のリーダーを輩出するというビジョンのもと、古神道と言語エネルギーの秘儀を一般の人が誰でも正しく使えるようにするための「和の成功法則」プロジェクトを(略)広げる活動に力を入れている。

出典:「あなたの人生に奇跡をもたらす和の成功法則」より

一般感覚からすると不思議というか、一見しただけでは理解するには難しそうな内容の経歴ですね。

「ロゴシストって?」とか「言語エネルギー?」とか思えたりしますが、この経歴は、日本の奥深い力である「言霊(ことだま)」という考えに関連したものなんです。

この「和の成功法則」は、この「言霊」が大きなポイント。

非常に奥深い世界なんですね。

なぜ今までの成功法則ではなかなかうまく行かなかったのか?

ひと言でいうと、従来の成功法則は、ほとんどが西洋人の発想が土台になっている事が多いからです。

西洋人的発想とは、

昔から大陸を開拓して領土を広げたり、戦って相手を負かして勝利を勝ち取ったり。
…と、基本姿勢を言えば「狩猟型・競争型」ですよね。

競争グラフ

西洋の成功法則全てがそうとは言いませんが、成功やゴールに対しても、
「狙いを定めてあとはそこへ一心不乱に向かっていく」という、精神上の力技的な姿勢で向かう傾向が多いのではないでしょうか。

しかしつい100年ほど前、明治維新の頃までの日本人は「競争に打ち勝つ」というマインドを一般人が持つことは少なく、

物事の成功を目指すにしても、競争して他人を打ち負かすとか、ひどい場合は蹴落としてまでなどという発想は、ほぼなかったと思います。

困ったことや困難は「お互い様」として助け合いながら物事を成功させていく、そんな精神がもともと備わっているのが日本人という民族でした。

そんな日本人のマインドに「競争・狩猟型」の成功法則を無理に適用させると、もともとの日本人として自然な心のあり方の深い部分に負担をかけてしまう面も実はあるのです。

これは「マーフィーの法則」、「思考は現実化する」の著書(実は今わたしも読んでいますが)で有名なナポレオン・ヒル博士のメソッドのような黎明期の成功法則に多いかもしれません。

もちろん、それらは成功法則の元祖でもあり、たくさんの大成功者を出してきた、すばらしい成功方法であることは間違いありません。

ただ、それで大成功をおさめてきたのはやはり、本場の発祥の地であるアメリカ人を主とした欧米諸国の方々が今現在も圧倒的多数なのではないでしょうか。

それらの成功法則は、欧米人の方が日本人よりも本来の性質になじんでおり、実践もしやすいのは確かでしょう。

引き寄せの法則で生まれる「不要なもの?」

しかしそんな黎明期の成功法則から、精神面も重視するようになった現在のアメリカ人にも広がり、
また、日本でも非常に実践者が多い今の成功法則の代表は「引き寄せの法則」だと思われます。

人気があり定番化した成功法則でもあり、わたしも実践している一人です。

しかしこれについて、著者の大野氏は言います。

「私もかつて「引き寄せの法則」を使った経験から効果があることはわかりますし、その可能性を否定するわけではありません」。
ただ同時に、その「弱点」もわかるのです。

それは、ある程度の期間は目標にフォーカスして取り組まなければ、結果は出にくいということです。
なぜかというと、「引き寄せよう」と努力すると、力みや執着が生まれてしまうからです。

出典:「あなたの人生に奇跡をもたらす和の成功法則」より抜粋

 

さて、この後はこの西洋式の成功法則にはなかった日本初の「和の成功法則」のすごいところについて、
また、なんと「24時間365日掛けっぱなしさえもおすすめなCDの感想や反響についても追記していきます。

あわせて読みたい

関連記事

こんにちは、Happycatです。 あなたは「アファメーション」というものを聞いたことがあるでしょうか。 アファメーションというものは、 ゴールを達成するための強力なツールのひとつ言われています。 「少しならやってみたこ[…]

アファメーション
関連記事

こんにちは、happycatです。 「苫米地式オールライフコーチングプログラム」は、 苫米地氏のプログラムの中でも人気作品のひとつです。 このオールライフコーチングプログラムが気になっている方は、 「良さそうだけど、購入して[…]

関連記事

こんにちは、Happycatです。 新年になり、もうほとんどの人が新しい手帳を使い出している頃でしょうか。 ところで新年に立てる夢やゴールってあると思いますが、 ここに4月スタート、つまり新年度開始の変わった手帳があります。 […]

夢が勝手にかなう手帳2020年横向き
関連記事

こんにちは、Happycatです。 あなたは満足で充実した日々を送れているでしょうか? 満足な日々とは、 例えば目標に向かって情熱を持って進めているというのもひとつですよね。 他には、日常が不自由できつくてしょうがない.[…]

まずは親を超えなさい!表表紙