猛暑対策!!ひんやりグッズをピックアップ
ルームブーツのおすすめはロング&洗えるタイプ!あったか威力をレビュー

こんにちは、Happycat (@Happycat3meow) です。

免疫を高めていきたいこれからの季節、暖かさが大事ですね。
特に部屋の中で暖かさのポイントになるのは足元です。

でも靴下だけでは物足りないこともありますよね。

そこでですが、

ルームブーツいうものがあったのをご存じでしょうか?

「ルームシューズ」といった場合は、夏用も冬用も色々な形があります。

特に冬場はバラエティ豊か。
ボアスリッパタイプ、ムートンタイプ、ダウンフェザータイプ...
その中で今回ご紹介するのが冬に活躍する、ルームブーツです。

足首までのタイプも結構ドラッグストアでも見かけるようになりましたが、
結構珍しいのがロングタイプのルームブーツ

実はわたしが去年購入したダウンフェザーのルームブーツがこのロングタイプなのですが、
暖かくて楽ちんなので、いまさらながらブログに書くことにしました(^^)

さらにおすすめポイントも
7つに絞り、使い心地も一緒に書いてみたので読んでみてください♪

好条件ぞろいが貴重なルームブーツ!?

購入したのはこちらのロングタイプルームブーツです。

良かった点を挙げてみます。

・ロングタイプで足首まですっぽり、冷える隙間が生じない
・ダウンフェザーで、暖かく軽い
・暖かいが熱は籠もりすぎず、蒸れない
洗えていつでも清潔
・自由に動きやすい
・ホットカーペットいらずでエコ
携帯しやすい(袋付き)

足首まですっぽりと隙間なく包んでくれる、ロングタイプ

冬場の部屋で過ごすとき、
何より大事にしたいのは、
足首が冷えないこと
です。

素材が暖かくても、足首が出てしまうと足は完全に温まりません
わたしはロングタイプでないと、足首が少しでも出てしまうのはだめなんですね。

膝下から足首までひとつつながりなので、
この足首の冷えない状態を保ちやすく
色々と動いても脱げやすいという煩わしさもありません。

履いてみた感じです。

 

ダウンフェザーだから暖かいうえ軽い

暖かさはもちろん、軽さも可動性のひとつですね。
ダウンフェザーで両方兼ねています。
これも高ポイントです。

暖かいが熱は籠もりすぎず、蒸れない。

結構、冬でも蒸れない足の暖の取り方を探している方が多いこともわかりました。
足の冷えやすいわたしとしては、寒い季節に蒸れる心配はほとんどないのですが、

>このルームブーツは電気などではなく、
人肌を逃がさず利用する物なので自然な暖かさです。

洗えるダウンはいつでも清潔

これは意外な高ポイント!
ダウンで洗えるって、不思議ですよね。

このときですでに洗濯2回は経験後のものです(^_^)
いまのところ劣化もありません。

動きやすいがずりおちない

せっかくのロングタイプでも
きついと痛いですし、
ゆるすぎてすぐにずり落ちるようでも不便ですよね。

このルームブーツどちらの心配もほぼありません。
ほぼというのは、人の足による場合もあるかもしれないからですが...。

また、足を崩したり正座したりというとき、
完全にかっちりしたブーツの形だと
自在に体勢をかえにくい場合もあると思います。

このルームブーツは柔らかいのでどこかに当たることもなく、
履いたままで好きな姿勢で座れます。

ホットカーペットなどがなくてもOKでエコ

まったく暖房いらずとまでは言いませんが
人肌体温の暖かさをずっと逃がさない暖かさです。

ある程度の気温までだったら、ホットカーペットなどの
電化製品を使わないで済むでしょう。

持ち歩きやすい

小さく丸められるほど柔らかいので非常にコンパクト!
ちょうど袋付きのウルトラライトダウンジャケットと同じ感じです。

袋の写真も掲載したかったのですが
今どこへ行ったかわからなくなっちゃってます^_^;

洗えるダウンのルームブーツ、デメリットはあるの?

良いことばかり書きましたが、使いにくいところやデメリットはないのかな?
という点も気になりますよね。

強いて言うとつぎの4つだと思います。

・ダウンフェザーが突き破って出てきてしまう
・足の部分が大きい(使い方、人による)
・滑らないかどうかこれも使い方によりちょっと不明
・デザインを気にする人には物足りないかも

ではくわしく順に見ていきましょう。

①ダウンフェザーが出てきてしまうことがある
頻度は多くありませんが、洗濯した後などに、
詰め物のダウンフェザーの芯の部分が布の折り目の穴からはみ出てくることがあります。

②足の部分が大きい(使い方、人による)
ルームブーツの下に靴下を二重に履けるためかもしれませんが

足の甲の部分が非常に大きめで、
足回りがちょっとブカブカします。

足の甲部分を裏返してみたところがこれ。
短いルームシューズを中にそのまま履けるかもしれないくらい大きいです。

③滑らないかどうか不明(使い方・環境による)
上に書いたように、この足回りの大きさがある意味だぶつきになるので、
裸足だと中で足が動くという点があります。

わたしの場合ですが履いていて滑りそうになることはほぼないです。

④デザインを気にする人には物足りないかも
あまりたいした問題ではないけれど人によっては気になるでしょう。

わたしとしては、家の中ですからそう凝る必要もないと思います。

色も揃っていて、お好みの色を選べばそれなりにかわいいですよ(^^)

更に追加の高評価!

さて、ここまでに書いてきた
7つのメリットにプラスアルファで、
さらに番外編の魅力があると思えたので、ふたつ追加します。

アウトドアキャンプや車中泊、災害対策にも!

数あるルームシューズ、ブーツのなかでも
このルームブーツならではの特徴が
「軽さ」と「コンパクトさ」、ゆえに「携帯のしやすさ」という点はご紹介しましたね。

ところでGoto トラベルキャンペーンが色々と展開されています。

秋の行楽にでかけるなど、アウトドア活動の中でも
キャンプテント内や車中泊などでは活躍することは間違いなしだと思いました。

プレゼントにも最適

年齢・男女の性別ともに関係なく、身につけられるデザインです。

このルームブーツのおしゃれさの感じ方は
人によってさまざまだと思いますが、
もともとは部屋の中であったかく過ごす用途です。

気に入ったデザインは使って楽しいと思いますが実用性最優先で良いのではないのでしょうか。

わたしが買ったときにのカラーはベージュとブラウンの2色だけでした。
カラーバリエーションも結構取り扱っている店舗もあるのにあとで気づいたので
知っていれば選んでたかな〜という点は、ちょっと残念でしたが。

まあどの色もそれなりに暖かそうで良い色あいだと感じます(^^)

高齢の方へのプレゼントにも喜ばれているようです。

足元がもう少しカチッとしたタイプもあります。

カラフルな色が揃っているので選ぶのが楽しいですね。

こうして記事を書いている間も、あったかルームブーツは大活躍中です♪

おすすめの記事