【冷水筒】縦・横置きどっちでもコンパクト!洗いやすいアスベルがおすすめ

こんにちは、Happycatです(^^)

新しい冷水筒(ウォーターピッチャー)を買いたいと思うと、
条件がたくさん出てきますよね。

例えば以下のような条件が重要ではないでしょうか?

・漏れずに横置き可能
・ガラスでなくて割れない
・丈夫でしっかりした造り
・注ぎやすい
・洗いやすい
・冷蔵庫のドアポケットに入る
・たっぷり容量かつ、コンパクト
・シンプルで取り扱いやすい

実はわたしがこのあいだ買った冷水筒が、
使ってみたら上の条件全てに当てはまっていたのです。

それがこちらの「ウォーターピッチャー・ドリンク・ビオ D-221 2L」!

もしいま上の条件で冷水筒をお探しだったら
この記事がちょっと参考になるかもしれません。

冷水筒をさがすきっかけ

去年の夏の日のこと。
とある出来事がありました。

我が家で長年(どれくらいかは忘れた)愛用しているガラスの冷水筒から、
麦茶をコップへと注いでいたときのこと。

突如、バシャーンと手元で洪水が勃発!

いきなりなうえ、
洪水の中身は麦茶!!

キッチンだからまだすぐに被害を少なく出来たけど、
そばにあった茶碗カゴには麦茶が降り注ぐ始末…。

何が起きたのかもわからず手元の冷水筒に目をやると、
まったく麦茶が残っていません。

さらに下を見ると、
冷水筒の下1/3ぐらいが斜めにパッカリ割れてる!!

まるで竹を割ったかのようです。
再現はできないけど、周りを切り取ったような感じでした。
割れたガラスコップ

どこにもぶつけていないのに…??とキツネにつままれた気分でしたが
こんな事もあるものなのかと思って、

改めてどこのなんという冷水筒か調べてみたら
なんと売れ筋人気ナンバーワンのハリオのポットスリムと判明(^_^;)

かなり使いやすかったウォーターピッチャーだったんですけどね~。

割れちゃったけど逆に言えばここまで長く持ってくれたし、
とても優秀な一品ではありました。

ただ今回はびっくりしたこともあり、
割れる心配のない、ガラス以外の冷水筒がほしくなりました。

アスベル ウォーターピッチャー・ドリンク・ビオ D-221 2Lの口コミ&徹底レビュー!

そんな経緯があって購入したのがこちら。

アスベル(ASBEL) ウォーターピッチャー・ドリンク・ビオ D-221」。
2.2リットルです。

ここから、この「ウォーターピッチャー・ドリンク・ビオ D-221」の使い勝手を
クチコミと実物のレビューを同時に並べてご紹介していきます。

まずは到着時の様子ですが
他の商品と合わせ買いだったため、抱き合わせで届きました。

蛍光ペンは、大きさの参考に置いてあります。

実物を手に取る前からひと目で
しっかりしていることが感じられました。

割れないAS樹脂で安全!丈夫

割れない安全性に関したクチコミがこちら。

これまでAmazonでも人気のものも含めて様々な冷水筒を使ってきましたが、これまでで一番かもしれません。(略)ガラス製のものは主人がすぐに割ってしまうので、長く持ちませんでした。
ー出典:Amazon カスタマーレビューより

実際に持ってみると頼もしい品質を感じられ
やっぱり買って良かったと思いました(^^)

底もしっかりとして分厚いですね。

2.2L(リットル)大容量でも、冷蔵庫のドアポケットにぴったり収納!

ちょうど上の写真で分かるように、本体の両脇が凹んでいますね。

この凹凸でドアポケットに無駄なく、ピッタリ収まるわけです。

その様子を写真でお見せしたいところですが、
ごちゃごちゃした図になるので省略です(^_^;)
ピンクのミニ冷蔵庫

冷蔵庫が小さい場合でも活躍してくれるというレビューがありました。

「2つ購入しました。(略)
100均のは横幅があるため容器2つ入れるとポケットいっぱいだったんですが
この商品は横幅は細く縦に長いのでスペースができました。
小さい冷蔵庫なのでとても助かります
空いたスペースに白菜1/4ぐらいが立てて入れられそう。」

「大袈裟なハンドルがついたものはそれだけで場所を取りますが
これはハンドルがなくてドアポケットでも横置きでも場所を取らず収納がとてもしやすいです。」
ー出典:Amazon カスタマーレビューより

驚くほど冷蔵庫から取り出しやすい上部取っ手

取っ手(ハンドル)はキャップ(フタ)の上部分に付いていて、
これがとてもしっかりした造りなのです。

冷蔵庫からの取り出しやすさは格別!

ハンドルに指をかけてひゅっ!と抜くのは気持ちイイほど(≧▽≦).:。+゚

取り出した手でそのままハンドルをくるっと90度ほど回すと飲み物を注ぐことが出来るので
動作も少なく手間いらず。

横から見れば、ハンドル自体がネジになっているのがわかりますね。

ネジ式ハンドルを付けたまま裏から見ると↓

洗いやすいフタは茶渋の防止加工でさらに清潔!

ネジ式ハンドルと、キャップ本体をばらけさせました。

複雑な溝も少ないシンプルさなので
汚れも残りにくく、洗うのが簡単です。

液体漏れを防ぐためのゴム製パッキンというものがあります。

このパッキンは重要な役割を持っていますが、放っておくと汚れやカビの温床にもなりやすいのです。

この冷水筒には一見パッキンがないように見えて、よく見ると
キャップ部分の裏に埋めるようにゴムのパッキン部分が見つかりました。

清潔に保ちやすい造りが助かりますね(^▽^)

外側のピンクの線の内側が、シリコンゴムのパッキン部分です。

このフタには、さらに「茶渋の付着防止加工」もほどこされています。

カビの繁殖予防をしてくれているんですね。

ただ、パッキン部分は完全にフタと同化してるため
取り外しは出来なさそうです。

パッキンが傷んで汚れたり、
いよいよ漏れるほど使い古してきたときには
パッキンだけよりも冷水筒まるごと取り替えたほうが早いのかどうか、そこはちょっと疑問です。

口の広い冷水筒はお手入れも簡単!

次に洗いやすさについてのクチコミをご紹介(^^)

「中まで手が入るし、蓋の構造も単純だから洗うのもラクラク
購入前はレビューを読んで少し不安がありましたが
2個買って正解でした。大満足です。」

取っ手がなく洗いやすい冷水筒はコレだけなので、なくなったら困る商品ですね。」

ー出典:Amazon カスタマーレビューより

上のクチコミにある「レビューで不安」な点というのは何なのかも
あとで解消するのでご安心を。

キャップを取った本体側を上から見ると、
入り口がとても広いですね!

手を入れても、中で自在に動かせます。
手の大きな男性でも洗いやすいですね。

すっきりシンプルな形だからコンパクトに収納!

この冷水筒は四角いボディが隅々まで場所を埋めるので、
無駄なスペースを生むことなくコンパクトに収納できます。

また丸みがないため、転がる不安定さはありません。

とにかくシンプルな*見た目も結構心地よくわたしは気に入っています(^^)

同様な感想がこちら。

「スリムタイプ、横置き可、ハンドルなし、容量1.5ℓ以上、
うるさくないデザインの条件でこちらを選択。」

「透明度が高くて清潔感があり、お茶が美味しそうに見えてとっても気に入っています。」

これだけの容量でシンプルな見た目のものは意外にないので気に入りました。」

「これまで似たような別メーカーのハンドル付きのタイプを使用していましたが、
細かい部分があるため、洗うのにとても手間がかかっていました
今回思い切って買い替えてよかったです。」

ー出典:Amazon カスタマーレビューより

横置きに寝かせても漏れない!(実験写真)

四角い造りの
アスベル「ウォーターピッチャー・ドリンク・ビオ D-221 2L」では横置きも安定です。

我が家ではドアポケットに収納するので横にはしませんが
横置きでもどれくらい安全か、ちょっと実験。

最近、ルイボスティーを飲み出したので
ちょうどお湯出ししておいた濃いお茶をパックごと入れてみました。

重くなるのでまだ水は足しません。

まずは横にしてみます。
フタがしっかりガードしてくれ、全く漏れません。

短いほうの辺を下にしてみます。
漏れる様子はありません。

なかなか撮るのが難しいのですが、
これ、注ぎ口を下に向けた状態なんですよね。

しっかりと液体がガードされている感覚があります。

しかしここで、
レビューに不思議な意見が目立っているのです。

これがさきほどのレビューが触れていた「不安ごと」なのですが、

それは…

コツをつかまないと漏れやすい!?

この「漏れないようにするのにコツが必要」という感想でした。

少なくとも今のところわたしは感じないので不思議ですが、結構多いんですよね(-_-;)
下のような具合です。

注ぐ時に少しでも中の栓の線を合わせないとわりと横から漏れる。」

「スクリュー式なのですが、きっちりはめるのにコツがいり
1回では装着できないことがしばしば
うまくいったつもりでも、実際に注ぐと失敗していて中身が漏れる…ということが何度もありました。」
「注ぐ際、蓋の位置の加減で横漏れしたりしなかったり。」

ー出典:Amazon カスタマーレビューより

星5つのレビューでさえも漏れの指摘があるいっぽう、このような意見も。

ハンドルがなくても本体に溝があるので持ちやすく
ちゃんと説明書を読んで使えば漏れることはありません。」

レビューで漏れると漏れないの両方があったので
あまり期待はしていなかったのですが、全然漏れません!!
閉め方にコツがあるのでそれさえつかめばこっちのもんです。」

ー出典:Amazon カスタマーレビューより

グラスに注がれる水Dave RussellによるPixabayからの画像

わたし個人では「漏れる」と感じないのですが
注ぐときフタをそれほど回転させないからかもしれません。

でも以下のようなレビューもあったので、これがコツということでしょうか。

「冷蔵庫に横置きにしていますが、漏れた事はありません。
コツは締める反対方向にカタッと音がするまで回すと、
蓋がボトルの口と並行になります。
漏れる時は締めても蓋が斜めになっています。 」

蓋をちゃんと水平につければ漏れません
縦、横、冷蔵庫の扉にも入る2リットルはありがたい。」

ー出典:Amazon カスタマーレビューより

まあキャップを水平に締めないと漏れるというのはこの冷水筒に限ったことではありませんけれどね(^^)

アスベルウォーターピッチャー・ドリンク・ビオ D-221 2Lのデメリットは?

では、
「アスベルウォーターピッチャー・ドリンク・ビオ D-221 2L」の
デメリットはほかにあるのでしょうか。

人によって大丈夫なものもありますが、以下のような事が考えられるでしょう。

・機能性重視なので、あまりおしゃれではない
・液体を一杯まで入れるとかなり重い
・フタはしっかり閉まるが、逆に外すときかなり固い
・取り出しやすさは抜群だが、横に取っ手がないので滑らないように注意
・高齢の方には力が必要に
・本体耐熱温度は100℃だが、密閉度が高いので熱湯は冷まして入れないと本体が膨らむ

これらのデメリットについてのレビューは次に拾いました。

フタがしっかり閉まりすぎて外すのに苦労する!?

上の三連写真を見てもらうと、フタ(キャップ)の大きさが
女性の手の平をいっぱい広げてやっとです。

固いキャップを外す時は、この掴みづらさですから
抱え込んで力を込めてやっと外しました。

さきほどの「漏れる」という感想とこのキャップの固さの2つが、
☆を減らす主な要因のようです

わたしも星5つにしたいところ、玉にきずを言えばキャップの固さですね。
中の液体はしっかり守ってくれる感はありますが。

「漏れないようにと蓋をキュッと閉めると、洗う際に蓋が固くてなかなか外せなないのが困る。」

ー出典:Amazon カスタマーレビューより

ただ洗うとき以外は、フタ自体はめったに取らないと思うので
いったんしっかりとフタを取り付けておけば漏れる心配もなく、
快適に使い続けられるのではと思います。

横の取っ手はないので、注ぐときはしっかり持つ

横向きの取っ手がない分、ドアポケットからの出し入れは非常にスムーズですが
コップに液体を注ぐときの持ちやすさは、取っ手が横付きのタイプが勝るでしょう。

冷蔵庫のなかで水滴や油分が冷水筒の表面に付着することもあるので
それがすべりの原因にならないようにしましょう。

両脇のくぼみに手をかければ片手でも持ちやすくなります。

握力が弱めになっている高齢の方も、その点を意識して持つと良さそうです。
あまり大量に入れすぎないほうがおすすめです。

レビューも同様ですね。

「これだけの容量でシンプルな見た目のものは意外にないので気に入りました。(略)
満タンにしていると片手で持つのはきつい形状なので、握力が弱いと使いにくいかもしれません。
しかし総じて満足です。」

いがいとツルツルしていて、冷蔵庫から出す時に、持ち上げにくいです。
でも、スタイリッシュなデザインと洗いやすさは満足してます。」

「本体自体にはハンドルはないので本体後ろの少し幅を狭めた部分を持つことになり、
ここの幅が比較的広いので、手の小さい方には少しつらいかもしれません。」

ー出典:Amazon カスタマーレビューより

下のような意見もあります。
男性から高齢の方、色々な声が参考になりますね。

取っ手がなくても本体が凹んでいるので手の小さい私でも持ちやすいです。
2リットル入るとは思えないコンパクトさです。」

「無駄な面積を食わない、冷蔵庫収納に持ってこいの形状。
持ち手は無いが、窪みで挟んで持てるようになっている。
男の自分にとっては2Lを挟み持つのは容易いが、女性がどうかは分かりません。洗いやすさ、注ぎやすさも非常に良いと思います。」

フルに入っていても女性も片手で持てます。」

「良いですね、コレ。
蓋部分の取っ手のお陰で、高齢な人でも冷蔵庫への出し入れが簡単です。」
ー出典:Amazon カスタマーレビューより

耐熱温度は100℃だが、熱湯を直接注ぎ入れないよう注意!

この「アスベルウォーターピッチャー・ドリンク・ビオ D-221 2L」は熱湯OKではありません
もちろん耐熱温度は100℃にはなっていますが、それはギリギリです。

フタも本体も丈夫で密閉性が高いだけに、もし熱く煮出したお茶を直に入れて
フタを閉めてしまうと危険ですね。

お鍋などでお茶をしばらく抽出しておけば割とすぐ冷めてきます。

とにかくスルッと手元から滑らせないよう、気をつけましょう

あとは複雑な点もなく、手間いらずで使うことができます。

容量をもう少し抑えた1.5リットルでほとんど同じ条件の冷水筒だと
メーカーは違いますが、更にスリムなタイプのこちらがいいかも。

おわりに

余すところなくこの「アスベルウォーターピッチャー・ドリンク・ビオ D-221 2L」を
レビューしてきました。
最初に書いたような条件にあうものを探している方には
いちばんといっても良い条件が揃っているのが、この冷水筒かもしれません。

ぜひ手間いらずの使いやすさ、実感してみてくださいね(^_^)!

最新情報をチェックしよう!