折りたたみ式のレジ袋スタンドで、プラゴミ収納もおしゃれに決まる!

こんにちは、家の中をいかにすっきり便利に使うか模索中のHappycatです。

レジ袋が有料化して1年経とうとしていますが
必要な時はしかたないので買って、そのあとはゴミ袋として使うというスタイルの人がほとんどではないかと思います。

ところでそのレジ袋をゴミ袋として使うとき、
どんなスタイルで使っていますか?

実はとてもスリムで場所を取らないレジ袋スタンドや、
レジ袋ホルダーがあるのをご存じだったでしょうか。

今回はゴミ袋を使うのが楽しくなる(?)スタンドを新しく購入したのでレビューします。

久々リニューアルされたゴミ袋周りの風景

我が家では、もしかしたら10年も前に100円ショップ(キャンドゥ辺り?)で
買ったとおぼしき折りたたみスタンドを使っていました。

折りたたみスタンドにレジ袋を引っかけて長年プラゴミ入れにしていたところ
先日ついに壊れ、新しいレジ袋スタンドを買ったのです。

背も低くて、ゴミ袋の大きさにも合っていなかったけど
丈夫なのでずっと使う羽目になっていました。
(でもよく持ってくれたと思います。お疲れ様!)

さてこうなるとわたしはいつも通り
ヤフー、楽天、Amazonの三大モールへ飛ぶのです。

年ごとに便利グッズも磨きがかかってきているので
今は「こんなものないかな?」と思いついて探してみると、まずないことがないですね。

今回買ったのはこちら!

折りたたみ式レジ(ゴミ)袋スタンドをレビュー

今回かったレジ(ゴミ)袋スタンドのスペックは以下の通り。

サイズ:約50.8cmx29cmx27.5cm
収納サイズ:約57cmx29cmx2.8cm
重量:約610g

ではいつもどおりのレビューに早速入りましょう。

まずは開封!

届いたところと、大きさ比較のボールペンです。
持った感じからしてしっかりした感触が伝わってきました。レジ袋スタンド到着時

これも最近多い、熱でシールした閉じ口。
密閉シール
今回はヤフーショッピングからの購入ですが、
Amazonだけじゃなくこういうタイプの梱包方法が増えていると感じます。

ミシン目で開け口を付けてくれているタイプだと開けやすくて助かるのですが、
今回はそれがないため、ハサミを用意してスーッと切っていきました。

そして奥に覗くレジ袋スタンド。
レジ袋スタンドが奥に見える

取り出してみます。
すごくしっかりした感じ!

レジ袋スタンド袋から取り出し

プチプチ梱包から出すのがさらに楽しみになってきます。

じゃじゃん。
実物は、ひと目見て「ナイス!」という印象ですね。
レジ袋スタンド完全に出す

ゴミ袋を複数下げられる、引っかけ部分を拡大!
この感触と丈夫さ。
「ちゃんとした良い物」です。

レジ袋欠け部分出したところ
これを購入したあとで知ったのですが、少なくともひとつ
100円ショップのダイソーにもいちおうレジ袋スタンドはあるようです。

「ワイヤーダストラック」という名で、
英語での表記は「Wire Trash Rack」というもののようです。
だけど高さが42cm。

これでは今まで使っていた高さ不足のスタンドと同じくらいだとわかりました。

使用目的次第では高さ40cm台だと、
ちょっと大きめのゴミ袋は床についてしまって有効活用できないんですよね。

どちらにせよこの高さの物が必要だったので損したわけではありません。

それにこの丈夫な造りであれば、
やはり千円台というのもまあ妥当かなという感じです。

ふたたび開封レビューに戻ります。

レジ袋スタンドを立ててみる

ではついにスタンドを開いてみましょう。

はい。こんな感じでーす!
下にある物は何かというと大きさ比較のために、
ずっと一緒に置いてあるボールペンです。

レジ袋スタンド立てた所正面から。

レジ袋スタンド立てたところ正面

次に使用するレジ袋を用意してみます。
普通の大のサイズだと思うものを見つけてきました。大きめレジ袋

大きさも測ってみます。
大きめレジ袋メジャーちょっと見づらいので、拡大しますね。
左が本体の丈、そして右側が持ち手の部分の長さもついでに測ったところです。

それぞれ約42.5cm、取っ手の部分は34.5cmと分かります。

レジ袋大の長さと持ち手の長さ

ではこのレジ袋を取り付けてみましょう。

飾りのようでもあるおしゃれな引っかけ部分に、レジ袋の取っ手を掛けます。
こんな案配ですね。
大きめレジ袋引っかけ

大サイズのレジ袋がちょうど引きずらないでちゃんと宙に浮いています!

大きめレジ袋設置

広げてみると、実際にゴミを入れて使用したときの状態に近づきますね。
大きめレジ袋できあがり

上から見た様子。
大きめレジ袋上から

 

ではせっかく複数の袋が設置できるので、もう1枚。
今度は中くらいの大きさのレジ袋を用意しました。

大きさは中くらいで、測ったところが以下の写真。

約34.5cmくらいでしょうか。
レジ袋中大きさ34cm

大レジ袋の隣に掛けてみます。

正面からだと大袋に隠れてしまうので、中袋の側からみてみると…
下の空間の部分に、さらに余裕が生まれていますね。

大中レジ袋後ろから
横から見てみると、もっとはっきりわかります。
大中レジ袋設置横から

まとめと商品案内

というわけで、我が家のキッチンの風景がまた少しだけ進化しました。
毎日使う場所が微妙にでも使い勝手が良くなると、
精神的に非常に違ってきます。

みなさんも少しでも「不便だな」「使いにくいな」と思ったら
それを解消してくれるものをすぐに探してみましょう。

快適さをレベルアップさせたその日以後は、
それまでの我慢や不便さにはさよならです♪

100円ショップのレジ袋スタンドとの比較も参考にして
使い分けてみてくださいね(^_^)v

スタンド型のほか、きっちんシンクに直付けできるハンガータイプもあります。

ドアの厚みが2.5cm以下であればこちらもお手頃でしょう。

縦横サイズもわかるので、ご自宅に合ったものを確認して選ぶと良いですね。

ここだけの話し(?)なぜかAmazonではものすごくお得なのが七不思議。

最新情報をチェックしよう!