猛暑対策!!ひんやりグッズをピックアップ
【母の日プレゼント】80代でもますます健康に!スロージューサーはいかが

最近は、以前なら考えられないほど、高齢になっても若々しい方々が多くなった気がしませんか?
テレビでもそういった方々を良く見かけます。
明るく希望的な傾向ですし、非常に素晴らしいことですよね!

わたしの母も動きはゆっくりで若々しいとまでは言わないものの、
高い頻度で外出したがるほうです。
高齢ですが、元気な状態でいてくれるので最高にありがたいです。

大事なお母さんに、いつまでも元気で活動し続けてもらいたいというのは全ての子の願いでもありますね。

今回、その点で非常に頼りに出来そうなものを見つけました。
それが「スロージューサー」です。

お誕生日、母の日、敬老の日など、ご高齢のお母さんへのプレゼント選びを迷った時、
非常におすすめできるものだと思います。

イキイキ酵素を摂ろう!スロージューサー&ミキサー

それではまず、スロージューサーとは何か簡単にお伝えしていきましょう。

その前に、「酵素(=エンザイム)」という言葉がカギになります。
酵素という名は、みなさんもいちどは聞いたことがあるでしょう。

近年知られてきている事ですが、ざっくり言うと
酵素とは、体に取って大変重要な役割を担う要素とされています。

酵素は未調理のもの、生ものに豊富に含まれています
そしてこの新鮮な酵素をすぐに摂取できる方法として、注目されているのが
最近現れてきたスロージューサーコールドプレスジューサーというものです

「スロージューサー」も「コールドプレスジューサー」も、意味合いはほとんど同じです。
(詳しくは下の「スロージューサーの特徴」で説明していきます)
これらジューサーは、特に健康志向の人々の間でますます人気が高まってきています

青野菜ジュース
ジューサーやミキサーは、健康の底力を付けていく強力なパートナーとなり得ます。
未来にむけて確実に進めて行ける、非常に有意義な健康投資だと言えるでしょう。

それでは、次にミキサーとスロージューサー、それぞれの
簡単な特徴・違い・使い分け方を紹介して行くことにします。

ミキサーの特徴◆性質と利点◆

まずはミキサーの特徴を簡単に掴みましょう。

ミキサーは刃(=ブレード)を使います。
この刃が、1分間に何千回〜1万回以上(!)も高速回転するのです。
この方法で野菜や果実を細かくカットして、ジュースが出来あがります。

細胞がカットされるので、中の成分がすぐに出てきます。

また、繊維もまるごとカットして分離もさせないので、
どろりとしたスムージー状のジュースが作れるんですね。

◆ミキサーのデメリットは?◆

ミキサーは、高速でかく拌(かくはん=混ぜること)します。
そのため空気が入り込みやすく、酸化が早いというデメリットがあります。

また高速の回転数のため生じる一定の熱は、
熱に弱い酵素を損ないやすいという意見もあるようです。

しかし、そこは改良の研究も進められていることでしょう。

スロージューサーの特徴

◆性質と利点◆

いっぽうで、全く違う作りなのがスロージューサーです。
なんと、こちらは1分間に数十回転というかなりの遅さ!

さきほどのミキサーの回転数と比べてみてください。
あまりに違うことに驚いてしまいますよね。

「ミキサーはジュースにするために高速回転するのに、
逆にそんなにゆっくりでジュースが出来るの?」
と思ってしまうのも当然のことです。

スロージューサーが低速回転で利用しているのは、
ずばり「押しつぶす力」。

スクリューが石臼のように回転しながら、
素材をじっくりとくまなく押しつぶしていくのです。
ですから、スロージューサーでは確実に、
野菜や果実の酵素を摩擦熱で失う事なくジュースが作れます

コールドプレスジューサーという呼び方も、元はそこから来ています。
低速で圧縮(=press)するので熱が生まれません(=cold)から、
食材が加熱されないという意味があります。

そういうわけで、生きた状態のままの酵素を摂ることが出来るんですね。

また、ミキサーによるジュースには皮など、全ての繊維質が混ざります。
いっぽうスロージューサーの繊維質は、
分離されて別の排出口から出て行きます。

このため、酵素と養分がともに濃縮されていながらも、さらっとした
天然の甘みが美味しい、純粋かつ濃厚なジュースが出来るということなのです


市販でもジュースはたくさんありますが、多かれ少なかれ殺菌工程がなされています。
また、出来てからの時間も経過しています。

こういったデメリットなく、できたてのパワフルなジュースを
安心なかたちですぐに飲めるのが、スロージューサーの素晴らしさです。

◆スロージューサーのデメリットは?◆

スロージューサーのデメリットは機械本体の大きさでしょう。
重さは4-5Kgゆうにあることも多く、場所も取りがちです。

また、繊維を分離するからこそ純粋なジュースが出来るわけですが、
それゆえにかなりの量の野菜を必要とします。
人参ジュース

作る量にもよりますが、1杯分のジュースでも人参3、4本はあっという間に使います。

当然、大量な絞りカスも生成されてしまいます
(カレーに入れるなど有効活用もできますが)。

なお、ミキサーとスロージューサーのどちらにも共通する点として、
お値段的に数万円以上することがほとんど。

気軽に購入しづらい事に加え初期費用という意味では、
一次的なデメリットかもしれません。

しかし健康への投資と思えば、
継続するほどにお金には換えられない価値が生まれてきます。

ですのでジューサーの購入時は性能、
評判など確実にしっかりとした安心なものを選びたいですよね!

このあとは、ここなら間違いない!という
イチオシのメーカーやお店をピックアップしてご案内します。

スロージューサーの第一人者はヒューロム社

近年ますます世界各国で愛用されているスロージューサー。
メーカーも数社ありますが、第一人者とも言えるのは、ヒューロム(Hurom)社でしょう。

スロージューサーの代表格であり、元祖でもあります。これまでも工夫を新たに重ねつつ、モデルチェンジ機種を発表してきています。

置き換えダイエットには、玄米麹スムージー

スロージューサーで気になる点を解消!

スロージューサーが従来のジューサーやミキサーと違う点は、
さきほど述べたように「生きた酵素をたっぷり摂れる」こと。
とはいえスロージューサーが初めての方は、

お母さん
・どんな使い方をして、どんな使い心地なの?
・どんな仕組みや動きをするの?
・扱いやお手入れは難しくない?
・音が気になるほど大きいことはない?

といったような事が気になると思います。

でも心配は要りません!

この下の動画を見てみてください。
スロージューサーについて初めての方でも、ひと目で理解できるでしょう(^^)

洗浄のようす。

音について。

◆ピカイチ野菜くん◆

ピカイチ野菜くん」は、ヒューロムジューサーの取り扱い店の名前です。

スロージューサー購入時、機械本体にプラスして
「無農薬野菜のおまけ」をつけてくれる、ユニークな代理店
です。

ジューサーが届き次第、同梱されたおまけの無農薬野菜を使って
新鮮なジュースをすぐに作って味わうことができます

いざヒューロムジューサーを購入するとなれば、この代理店、
「ピカイチ野菜くん」はずばりおすすめです!

さらに、なんと無農薬野菜のみの販売もしているんです。

ちょっと変わったお店とも言えますが、
健康ジュースへの並々ならぬ情熱を感じられますね。



>
そんな代理店、「ピカイチ野菜くん」ですが、
機種によってはたまに「現在品切れ」のこともあり得ます。

もちろんヒューロムスロージューサー本体は、
ヤフー・ショッピング楽天Amazonの三大モールからも購入が可能です。

三大モールでは「ピカイチ野菜くん」では品切れ機種も扱っているケースもあり、
この点はメリットと言えるでしょう(随時変化はあるのでご確認を!)。

機種も豊富です。
以下では、その中からいくつかご紹介します。

◆ヒューロムスロージューサーH-AA◆

これは上の運転動画で使用しています。
「H-AA」という比較的新しめの機種です。




◆ヒューロムスロージューサー アドバンスド100◆

上記のような従来スタイルのヒューロムスロージューサーを一新させたのが、
この「ヒューロムスロージューサーアドバンスド100」。

やはり「アドバンスド=進化した」と言う名の通り、使い勝手は更に向上!
そのぶん、お値段も多少良くなってきます。
改良点は野菜の搾取機能の向上、取り扱いのしやすさなどです。

お母さんも努力感なく、手軽な健康習慣を楽しめますから、
素敵な親孝行ができそうですね♪

「アドバンスド100」も「ピカイチ野菜くん」から購入可能です。
何か問題があれば使用後でも、1週間以内なら返品可能との事です!
(送料は購入者負担となります。現在の詳細はリンク先にて)

▼おしゃれな進化形のジューサーです。


8時間も鮮度を保てるミキサー、「極鮮」

このように大活躍で重宝するスロージューサーなのですが、
色々な材料を試していく中で、
効果の強いショウガやニンニクをレシピに入れたくなることもあるでしょう。

にんにくとショウガ

繊維の多いショウガは、ミキサーでカットするほうが適切のようです。
ニンニクも、押しつぶすよりはみじん切りにすることが多いですよね。

>そんな時こそがミキサーの出番!
スロージューサーで作るジュースは、鮮度が命です。

作ったジュースをその場ですぐに飲みきらないと空気が徐々に混ざり、
まもなく酸化し、鮮度も落ちてしまいます。

それを解消してくれるのが、このテスコム社製のミキサーなのです。
さきほど、スロージューサーで繊維の残る素材はミキサーで...と書きました。

しかしスロージューサーもミキサーも、
どちらもそこそこ大きい機械なので、両方揃えるとかなり場所を占領します。

この「極鮮(ごくせん)」というミキサーでは、その心配は要りません。

しかもただのミキサーと違う点は、
スロージューサーとの連携プレイが出来ることです。

なんと、

・真空機能付き(ゆえにすぐ酸化しない)
・できたてジュースを、なんと8時間も新鮮なまま保存可能!
・密閉して持ち運びもできる!

という、凄さなのです。

その便利さは、↓こちらで簡単に納得できるでしょう。



この真空ミキサー、「極鮮」もピカイチ野菜くんで取り扱っています
ですから、こちらも無農薬野菜のおまけ付きです。

また、さきほど無農薬野菜のみの販売も行っていると書きましたが、
こんな感じで無農薬にんじんなどを扱っています。
健康促進をジューサー面でも野菜面でもバックアップしてくれる会社なのですね。


現在キャンペーンも実施中です!

おわりに

今回ご案内したヒューロムスロージューサーは我が家でも使っています。
旧タイプでもじゅうぶん使い心地が良く高齢の母も気に入っているようです。

機械は場所さえ決めておけば移動させる必要もなく、
使った後は部品も簡単に洗い流せて清潔です。

人の手では出来ないすりつぶし野菜ジュースの自然な甘さにきっとびっくりするでしょう。

この機会に健康のプレゼントで、ぜひ最高の親孝行をしてくださいね!



おすすめの記事