本田直之氏のレバレッジ本、Kindle月額のみでただいま無料開放中!

Happycatです。

本田直之さんという人をご存じでしょうか?

先にお断りしておくと、わたしも実はそこまでは詳しくないのです(笑)

ただ本田直之氏の本が、めんどくさがりのわたしに取っても大いに参考になり、
ビジネスマインドの土台を知るきっかけのひとつになったのは確かです。

今、そんな本田直之氏の書籍が何冊も、AmazonKindle unlimited上で
なんと無料開放中です。

では、「本田直之」という人は何を訴えているのか。
その情報のどんな所がためになるのか?

これらもあわせて、レポートすることにします。

本田直之氏とは?

本田直之さんは、あまり目立つ場所に頻繁に出ない印象があります。
全く知らない方も多いと思うので、本田直之氏についてざっくりと見てみましょう。

本田氏は、1968年生まれの実業家。
一言でいうとノマドライフ的な(パソコン等で場所や時間に縛られない)生活スタイルで、かなり自由に事業を行っている人とも言えるでしょう。

主な肩書きは、

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長
となっています。

レバレッジってなに?という方も後ほどお話しします(^^)

本田直之氏の経歴とデュアルライフは人もうらやむ!?

他の経歴や肩書きでは

明治大学商学部産業経営学科卒
サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)
(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー
世界遺産アカデミー正会員
明治大学・上智大学 非常勤講師
トライアスロンチームalapa主宰
上智大学、明治大学講師

という事です。
まあ、一言でいうと華々しい経歴の持ち主だと言えます。

ライフスタイルを更に具体的に見てみると、まさに自由そのものですね!

ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。
毎日のように屋台・B級から三ツ星レストランまでの食を極め、サーフィンやトライアスロンを楽しむ生活をしている。これまで訪れた国は55ヶ国を超える。
出典:AMUSEより

ワイキキビーチとダイヤモンドヘッド

趣味を謳歌しつつ、マイペースでビジネスを行っているようなイメージが浮かびますね。

写真を見ると、浅黒くてサーファー風なルックスで、
一見したところではわたし個人としてはちょっと接点がなさそうな方だなあという印象でした。

しかし本田氏は軽やかですが、「軽い」わけではなく、目一杯遊んではいても「勉強をしない」わけでは、もちろんありません。
逆に「いかに濃縮した勉強方法や、スキルアップを図るか」を研究しているからこそ、思い切り遊べるほどの自由を手にしたと言えるでしょう。

自由でストレスがほとんどない生活、
好きなことを存分にできるライフスタイルって、やはり誰もが欲するところですよね!

本田直之の本を読む利点とは?

また、本田直之氏は何冊もの本を出している、ベストセラー作家でもあります。
累計250万部ほど売れているそうです。

書店本棚

そんな本田氏ですが、本人は「究極のめんどくさがり屋」という事です。
じつはわたしもその点は同じで、そこに親近感を持ったのかもしれません(笑)

ただわたしも含めて、
「面倒くさいことが苦にならない」「得意だ」という人は、あまりいないでしょう。

現実の変化に対応するためのヒントが

ご承知のように、現在の世の中は根底から揺さぶられています。
さらに、従来の形での働き方に全てが元通りに戻っていくことはないだろう、
という見方が大きいです。

しかしここまで来たら、この強制リセットのような力に抗うよりも、
その流れに押されたまま、新しい生き方や働き方を選ぶ機会にしてしうことができるのも事実。
見方を変えれば、思い切って新しい方向へ舵を切ることに対して、今のほうが従来よりも抵抗が薄れているのです。

キャッシュレスと夜明け

もちろん一朝一夕ですぐ簡単に考えは変えられませんし、徐々にで良いのです。
それでも、ストレスは最小限にしつつも変化へ対応し未来を切り開いていく事が、いまは特に大切です。

とは言っても、何をどうすればいいのかわからないですよね。
そこで、知恵を得る方法としていちばん手っ取り早いのが「本」です。

なかでも思考法やビジネス書の類いは今こそ読むことをおすすめします。

「ビジネス書」と言ってもこれから特に必要なのは、会社勤め前提の情報ではなく、
独立したビジネスに役立つタイプのものでしょう。

コーヒーと本

「じゃあ、何を読めばいいのかな」と思いますよね?

まず土台にしたい6のは、具体的なビジネス方法以前に、
物の考え方や日々の過ごし方を徐々に変えていくことです。

毎日の時間を何にどう使うかを考えることです。

その入門書として、本田直之氏の本は適しているのです。

本田直之氏の本の特徴、レバレッジシリーズとは?

本田直之氏の本の特徴として、「レバレッジシリーズ」があります。

聞いたことがある方もいると思いますが、簡単に言うと
レバレッジ」=「てこの力」です。

てこ

てこを使うときとはどんな時でしょう?
たとえば、重たい物をできるだけ少ない力で動かしたい時もそうですよね?

でも、物理的な重さだけではありません。
いま、わたしたちの日常は「面倒くさいけれど、対処が必要なこと」でいっぱいです。

日々出会う目前の雑用もそうなのですが、
特に現在は、未来まで考慮して大きな変化に対応していったり、未知の事柄への柔軟性も準備していかないと
あとあと結構面倒なことになるかも…
と、なんとなく感じられるのではないでしょうか??

2020年を境に、つまりコロナ前後で全てが大きく変わっていくと予見されています。

短期的な面と長期的な面、どちらもこなす上で役に立つのが、時間の過ごし方や使い方を工夫することです。

2019と2020

その方法を徐々に身につけていくことで、
たとえば将来にわたり有益な情報が載っている本を読む時間を生み出すなど、
大きな推進力(てこの力)となっていきます。

まずは日常の色々な場面で「一石二鳥」や「一石三鳥」になる事を
どう取り入れていくかの知恵が、「レバレッジシリーズ」と言えるかもしれません。

本田直之氏の書籍を知った当時と、現在のようす

本田直之氏の本との出会い

わたしが本田直之氏を知ったのは、今のコロナ騒動の2年前です。
元をたどれば、やはり自身に大きな変化が起きた時でした。

詳しくは今回省きますが、今多くの人々にも同じ事が起きていますが、
通勤スタイルの仕事をすっぱりやめたのです。

そしてどうするかを模索している中、
図書館でふと見つけたのが、「レバレッジ勉強法」という本だったのです。

この本が、初めて本田直之氏を知るきっかけとなりました。

本田直之氏の現在をふと調べたら、Twitterのお知らせを発見

今回の大変動の中、
自由なライフスタイルを送ってきた本田氏のような人はどうしているのか?
と単純に思い立ち、ふと検索してみました。

するとこんなTwitterが。

レバレッジシリーズだけでも、

「レバレッジリーディング(読書法)」
「レバレッジ時間術」
「レバレッジ・シンキング」
「レバレッジ・マネジメント」

の4冊が現在読めます(変更未定)。
これに対してTwitterで喜びの声もあがっていますね。

本田直之氏の無料書籍を読むならKindle Umlimitedへ登録しよう!

無料書籍を読むには、Kindle unlimitedへの登録が必要です。

Kindle unlimitedは月額980円で電子書籍が読み放題になるサービスです。
本を二冊も読めば元が取れてしまいますね!

このKindle unlimitedリンクから、利用登録に進むことができます。
そして本田氏がTwitterでお知らせした無料開放対象の本のリンクをこちらにも貼っておきますね。

↓↓↓
読み放題:本田直之
不定期追加もあるかも?まずは無料本を読んでしまうだけでも良いですね。

おわりに

今は未曾有の事態で大変な方はたくさんいらっしゃると思います。

今回の事態を受けて生まれた自宅待機要請ですが、それでも
将来に向けてのスキル作りの時間に充ててみると、あとになるほどきっと重宝するはずです!

今生まれた時間を、ぜひ未来への投資の時間にしてみましょう。

サーフボードと自転車
最新情報をチェックしよう!