【青いカレー】ネモフィラカレーが販売してない?代わりにこちらのカレーはいかが

こんにちは、Happycatです。

GW(ゴールデンウィーク)のネモフィラ景勝地ととして、
すっかり認知度が高まったひたち海浜公園。

さらにそこでしか食べられないネモフィラカレーも
知る人ぞ知る存在となりました。

わたしも過去にこちらの記事でご紹介したのですが、
期間限定という事もあって、通販でもなかなか手に入りにくいのも事実。

とくに去年からは遠出がしづらくなってしまい、
ますます欲しくなっちゃいますよね。

取り扱いの再開は時期が来るのをしばらく待つとして、
実はほかにも素敵な(?)色合いの青いカレーがあるのをご存じでしょうか。

今回はそれを3つご紹介しますね!

1.クリシュナ オホーツク流氷カリー

まずトップバッターはこの「オホーツク流氷カリー」!

「カレー」ではなくて昔風の呼び方で「カリー」というのがポイントです。

これまた派手な色の青い海に見立てたカレーに、
まさに氷山のようなライスが浮かんでいますね。

こちらもネモフィラカレーと同じような衝撃を味わえそうです。

わたしもひとつ手に入れているのですが、
まだもったいなくてお料理していませ〜ん(^^ゞ

せっかくならしっかりそれらしく作って綺麗に撮りたいので、まだ取ってあります。
流氷カリー表

2.青い富士山カレー

お次は「青い富士山カレー」!
よく考えますねぇ(わりと好きですが)。

比較的濃い青色だった流氷カリーと比較して、
どちらかといえば明るめでこれまた鮮やかなスカイブルー。

 

でも、これも家にあるんですよね(笑)
こちらも手に入れたまま、まだ手を付けていません。

青い富士山カレー表

3.スライムカレー

お次は微妙なラインですが、「スライムカレー」。

キワモノでもここまでになると、わたしも勇気がいりそう…。
ちょっとお化け屋敷風ですね。

上の2つより更にチャレンジングなので、思い切れる方はトライしてみてください。


こちらは購入していません(笑)

一回だけ(一人分)じゃ物足らないならセットがお得!

これらの青いカレーはみな、
カレーとしてはなぜか高級品!?とも言えるお値段のため、
購入はなかなか一大決心もの。

だけどなんだか体験してみたくなるんですよね〜。

でも、まとめ買いすると1つが200円以上も安くなりますよ。

流氷カリーのセットは1食分あたり1000円台⇒700円台へ。

富士山カレーはなんと赤い富士山カレーもあってペアでのセット売り、単色でのセット売りと選べます。

さらに外箱(化粧箱)なしの中身だけの10袋セットも。
一袋あたり650円以下と、この手のカレーにしてはグンとお買い得になります。

わたしもかなり変わり種好きなもので、
余裕が出たらこの10袋セットは買ってみてもいいかななんて思っちゃってます。

それではネモフィラカレーを食べたことがある人もない人も、
憧れの(?)「青いカレー」を楽しんでみてくださいね!

青い富士山カレー10袋 個別化粧箱なし
最新情報をチェックしよう!