猛暑対策!!ひんやりグッズをピックアップ
ロートのスキンアクアシリーズ日焼け止めを使った感想

4月に入るとまもなく急激に日差しが強くなりますね。
そこで早速対処が必要になってくるのが紫外線

「あっ、今日はすごく日差しが強烈!」と窓の外を見て感じたとき、頼りがいのある日焼け止めが既にあれば安心ですよね。

ところであなたが日焼け止めで、これは最重要だと思っている点は何でしょう?

「そりゃあ日焼け止めなんだから、当然しっかり紫外線をブロックしなきゃ!」
「でも伸びやすくないと顔にムラができそう。ベタッと白くなっても使いにくいし」

そういったあたりが気になるのではないでしょうか。

わたしもそうです。
日焼けによるシミ・ソバカスには神経を使っているため一年中日焼け止めが欠かせません。
だけど、なかなか白くもならず伸びやすくて落としやすいというのは妥協しないと仕方がないと思っていました。

しかしそこで、本当に良いなと思った日焼け止めがありました。
それをふたつ紹介したいと思います。

4月になったら紫外線量は急上昇!

日焼け止めは夏が来てから必要になるものではありません。
暖かくなって日差しが変わってきた時から、急激に紫外線は増加するのです。

今の季節は(4月)どんな紫外線量の変化が起きているのか、念のため確認してみましょう。
ちょっと下のグラフを見てみてください。

これは、気象庁のデータによる去年の紫外線量のグラフです。

グラフの下側に、日にちメモリが「1、10、20、30...」とありますが、
4月10日の上旬を過ぎた途端、グラフの色が濃くなり出していますよね?

紫外線量を表すUV値(Ultra Vioret)の棒グラフが、オレンジ色になっています。
まさに今の時期の状態です。

(追記:追って確認した2018年分の記録ではオレンジ色は4月下旬に初出現していますが、
多くの場合通年で、オレンジ色は4月上旬から出現しています)

UV2017-5(参照元)気象庁:日最大UVインデックス(解析値)の月刊移行グラフ

ちなみにひと月前の3月は、まだ寒い日もある季節ですが全くオレンジ色は出現していません。

UV2017-4(参照元)気象庁:日最大UVインデックス(解析値)の月刊移行グラフ

上のグラフはどちらも「2017年」とあります。

この紫外線傾向が2017年だけの可能性もあるので、他の年や、累計年のグラフも見ました。

が、他の年でもほぼ同様で4月上旬頃から、紫外線量の棒グラフの色が濃くなり出していました。

この気象庁リンクへ行くと他の年のグラフも詳しく見ることができます。
なかなか面白いので、参考にしてみてください(^^)

5月で早くも最強レベルの紫外線現る!

表をみるとやっぱり、4月半ばからのどんどん暖かさを増す時期と紫外線の強さは比例するようです。

この分でいくと最も暑い8月がいちばん紫外線が強いだろうと思えそうですが、必ずしもそうとは限りません。

その証は5月のグラフを見ると明白です。

なんと紫外線量は5月で一挙に強烈になってしまうのです!

丁度ゴールデン・ウィークのあたりから、棒グラフの色が赤に変化していますね(-。-;)

気象庁データ3
(参照元)気象庁:日最大UVインデックス(解析値)の月刊移行グラフ

ちなみに棒グラフが赤になる指数8以上は、気象庁が外出を控えるのを勧めるレベルとの事です。

最盛期の8月は逆に、秋の入口も近づくためか特に後半は意外と収束に向かうようです。

が、5月の紫外線量は、紫外線が最大値となる7月、8月(梅雨の時期の6月を除く)の次点くらいに強いのです!
(7これも気象庁リンクで見るとよくわかります^^)

最近では春の紫外線量の多さもだんだん認識されていますが、こうしてみると春も早々から油断できませんね。


おすすめの日焼け止め① ロート スキンアクア トーンアップUVエッセンス

では本題の「おすすめの日焼け止め」をご紹介!

おすすめ第一弾はこの「スキンアクア トーンアップUVエッセンス」です。

わたしはシミ・ソバカス予防重視派。
SPF値、PA値(=それぞれ紫外線のA派B派のブロック度合い)ともに、最高値のものをいつも選びます。

ただ、日焼け止めに費用をかける気はなく、けっこう安価なものを使ってきました。

でも、日焼け止め効果が高いぶん冒頭に書きましたが、
ドロッとして伸びが悪い、白く”厚塗り”状態、テカテカしがちなのは仕方ないと妥協していました。
白塗り壁

そんな折、ドラッグストア店頭で綺麗なパッケージで気になったのが
この「スキンアクア トーンアップUVエッセンス」だったのです。

肝心の紫外線防止力は…

SPFは50+、PA++++の最高レベルですね。

わたしはこれで購入決定!

つけてみて驚いた点があります。
サラッとした質感なのに伸びがとてもよく、全然べたつきません

更に香りも良くて、邪魔をしない程度にうっすらと香ります。

テクスチャーの色は薄いラベンダーカラー。
肌のトーンをほんの気持ち明るくしてくれる感じがします。

日焼け止めなのに化粧水代わりにしたくなりそう??

スプレータイプもあります。
これだと手を汚さずに重ね塗りが可能に!

おすすめの日焼け止め② ロート スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス

じつは先に、去年購入してこれに決まりだ!と思っていた日焼け止めがありました。

それがこの「スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス」。


今は二個セットが多いですね。

この「スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス」が、つけ心地が良くて気に入っていたのです。

香りや色がない点を除けば、今回のトーンアップUVエッセンス ラベンダーカラーとほぼ同じです。

去年まではこれが日焼け止めの中で最高でした。

それでも今回は綺麗なパッケージに浮気しちゃった...と思ってよく見たら、同じスキンアクアシリーズでした^^

ピンクの色鉛筆で描いたハート

だからロートの日焼け止めはそれだけ性能が優秀なのかも?と思えたのです。
コスパも良いですしね。

ただ、個人的にはこの「スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス」のほうが、
「トーンアップUVエッセンス ラベンダーカラー」より少しさらっとしているような気がします。

「スーパーモイスチャーエッセンス」シリーズには、量やテクスチャー違いのラインナップが揃っています。

ジェルタイプについてはこちらで書きました。
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://majiyuu.com/health-and-beauty/skin-aqua-super-moisture-jel-review/3622/]

さいごに

もともと日焼け止めには防御する性能ばかり優先していたわたし。

ただ、日焼け止めの付け心地もここまで進化すると、
「防御効果のためには多少使いづらくても仕方がない...」という妥協ももはや不要です。

もっと高価な日焼け止めもあり、それらにはまた別の使い心地もあるのかもしれません。
ただ、わたしとしてはこの価格でこの使用感であれば充分だと思えます。

そんなわけで、このロート スキンアクアシリーズは自信を持っておすすめなのです♪


限定カラーのミントグリーンが出たので、これについてもレビューを書いてみました▼

おすすめの記事