台風や大雨が来るとわかったら…。備えておきたい便利グッズ

こんにちは、Happycatです。

近年大雨や台風が起きるとちょっと異常な場合がありますよね。

今回は事前に揃えておけば、かなり助けになる対処法やグッズをご紹介します。
テレビで実際に紹介された情報も含みます。

ただ、全ての方法の網羅ではありません。
条件により更なる対応やグッズが必要になることはあり得ます。
その前提で参考してみてくださいね。

この記事は避難するレベルではない場合用で、屋内での不便をできるだけ減らすものです。
状況の変化によってはお住まいの地域が避難勧告状態へ上がる可能性もあります。
要避難の場合は、移動など別の行動が必要となりますので
当記事より警戒性の高い情報を参考にする事をおすすめします。

交通機関だけじゃない!配送、スーパーの最新情報にも注意を

台風や、急な大雨の予報時は、
以下の最新情報(時間)をチェックしましょう。

・お店の営業時間
・交通関係のダイヤ

これらが緊急変更になっていた場合、
いつもと同じつもりでいると都合が合わない可能性が出てきます。

最近の災害対策としては数々のサービスも、
前もっての休業や営業時間を短縮する傾向がありますね。

2019年の台風時以後は、

●配送サービス
●スーパー

なども、臨時休業や閉店の繰り上げに踏み切りました。

まだ何も危険性がなく時間があるならそれはラッキー。

お住まいの地域のサービスをチェックしてみて、
すぐに時間チェックと必要な買い出しや行動を考えてみましょう!

スーパー切り取り

ネット通販(Amazonのプライム会員や楽天「あす楽」)は、ふだんは翌日配達でも、注文殺到時には遅延もあります。
予報が外れればそれはそれで次回の必要時に役立つこともあるので早めに必要なものを考えておきましょう。

台風時なら、停電対策を。ひとつずついますぐ取りかかろう!

テレビで聞いた情報(2020年9月4日15時台)を追記しますね。

去年の台風19号の停電期間はどれくらいだった?

2020年、台風19号での停電後
復旧が99%戻るまでに、
地域により5日から2週間近くの期間を要した
そう。

ただ最近の台風や大雨時は
毎回のように「今までにない規模の○○」と言うので
あくまで前例としての参考ですが、

それくらいの間をやりすごすというのも、ひとつの目安でしょう。

「停電リスクマップ」を調べてみよう

「停電リスクマップ」とは、
停電が予想されるエリアを割り出したもの
です。

停電当時の日付になっていますが、
今後も広範囲の停電が起きたときには活用できると思います。

停電リスクマップ情報はこちら

倒木による停電

(台風時)電源&灯りを確保しよう

まず必要な電源として、以下をチェックしておきましょう。

・スマホなどのバッテリー
・室内に設置できる照明
・懐中電灯
・電池

夏にも熱くない。LED電源は二重丸

LEDの電気は熱くならず、夏にも比較的涼しく使えます。

たとえば、このLEDランタンは室内用で持ちやすい手のひらサイズです。
引っかけ部分があり、逆さにしても大丈夫。
2メートルまでの落下に耐性
があるのも頼もしいですね。

バッテリーでも電池(単三6本使用)でも充電可能。
防水機能もあり、こうなるとレビューも高評価!

スマホなどの充電バッテリー、おすすめは?

次はスマホなどを充電するバッテリーについてです。

オススメのスマホバッテリーのメーカーは三つ。

・cheero(チーロ)
・Anker(アンカー)
・Aukey(エーユーキー)

防災対策グッズに割と詳しい友人に聞きましたが、
安定性やパワーの点で良いそうですね。

評判や内容から間違いないように思って
わたしはこのcheero(チーロ)バッテリーにしました。

太陽電池のバッテリーはどうなの?

バッテリーについては、
最初は太陽光発電がエコで良いとわたしも実際思っていたのです。

しかし実際に使ってみた人の意見では、

太陽光発電のバッテリーは以下2つの難点があったようです。

・充電時間がかかりすぎる!(曇りや雨に左右される?)
・実際の使用時のパワーが不十分

もちろん、ひとつふたつの種類を使ってみただけで
太陽電池式のバッテリーの全てがそうだとは言い切れません。

ただ、充分な品質となるとそれなりの値段になるかもしれないし、
なにより急ぐ緊急時は、急速充電が間違いなく出来る一般充電のほうが実用的なようです。

いつでも電話などの連絡を受けられるような充電完了状態の
デバイスを複数すぐに用意できれば安心ですよね。
スマホ充電完了

安全性に先行投資するなら、頼りになる発電機を

もし投資できれば余裕があるときに考えておくとなお良しなのが発電機。

後で述べるろうそくが応急処置の小型タイプなら、
かなり頼りがいのある大きな助っ人が発電機です。

「本当に準備しておいて良かった!」というケースがあるでしょう。

あまり見慣れないものだと思いますが、
お祭りの屋台でもよく使われています。

こんなものがあるんだなというのは以下のリンクから見てみてください。
使うときの注意点などもあるにはあるのでその確認のためにも良いと思います。



本格的に備えたい場合なので少し大き目の投資にはなりますが、
その分いざというときには、かなり頼りになるでしょう。



貴重なバッテリー電源は防災用ろうそくとの合わせ技で節約!

前の部分でバッテリーについてお話しましたが、
電源コンセントがいつも通り使用できるとは限らない災害時。

そんなときはバッテリー自体の電源も節約したいものですね。

長丁場だと、さきほどご案内したようなバッテリー電源意も、
発電機も貴重なものになることもあるでしょう。

ここで、見直すべき意外なお役立ちグッズ。
それは、ろうそくです(火気には注意を)。
ランタンとろうそく

特殊な非常用ろうそくというものもあるんですね。
このろうそくの持ちはなんと24時間(!)

蓄光グッズがあれば暗闇でも安心!

ろうそくや懐中電灯が揃ったら、
あとはそれぞれの部屋の決めた場所へ置いおけば、
停電時に強力な助っ人になってくれます。

さらに、夜に対しても安心度を高めておきましょう。

これらの電源が必要になるのは夜ですから、
たとえば下に落ちてしまっていてもすぐに見つけたいですよね。

その対策に夜光性のテープやシールを貼っておくと、
発見しやすく
なります。

そのためにはどうすればいいかというと、
光を蓄えて夜に光る「蓄光グッズ」があるんです。

たとえばこの蓄光シールもそのひとつ。

材質によって貼りやすさも変わると思いますが
セロテープ、ボンドなどで工夫しましょう。

セットでお手頃の懐中電灯がおすすめ

自由に携帯できるタイプの灯りももちろん欠かせません。
それはもちろん懐中電灯です。

懐中電灯は、
端的にまずは5本セットのこちらがおすすめ!

この懐中電灯の利点はたくさんあります。

・5本セットなのに安価
・灯りのズームイン&ズームアウト機能
・防水
・どこにでも置ける

灯りのズームインとズームアウトどういう事?と思うかもしれません。

たとえば物を探しているとき、
ある部分をもっとハッキリ見たいことってありますね。

その時、狙った箇所へ光を絞ってズームインさせ、より強い光量にできるのです。

防水であることも災害時は協力な助っ人になります。

電源は単三電池。
複数の主要場所にばらけさせて置いておくことができます。

ボールペンのような気軽さですから、
家族で一人一本持つと安心ですよね。

友人も「これはいいよ!」とイチ押しでした。

(台風・大雨共通)食べ物&水

灯りの確保にひと安心したら、
食べるものや水も取りたくなってくる頃かもしれません。

ここでも、インフラ(電気やガスなどの生活網)が不具合を起こしても大丈夫なようにするためには、
簡易タイプのコンロ、つまりカセットコンロがあると便利です。

カセットコンロは、小さなガスボンベをカチッとセットして使います。

これが少しでも薄型で軽いと携帯性の面でも助かるのです。
ベストセラーのカセットコンロならこれですね。

また、すぐに調理可能なレトルトなどを調達しておくと良いですね。

たとえばこの「あたためなくてもおいしいカレー」は保存期間もなんと5年!

これをお皿にそのまま出せば、空いているコンロでスープなどの飲み物をあたためる事もできます。

以前なら防災食といえば乾パンでしたが、おせんべいやバナナでも、すぐにカロリーが取れます。

ゼリー状の栄養補助食品は非常時の助け船

非常食はとにかく、いつでも食べれるということが最優先されます。

ただ、物によっては貴重な水分がすぐに用意出来ないと
パサパサして飲み込むのに苦しいことも…。

そこで助かるのはゼリー状の栄養補助食品です。

ゼリータイプの栄養補助食品は冷やしても美味しく、
常温でも保存ができて非常に便利
です。

たとえば、カロリーメイトってご存じの方は多いと思います。

バータイプがよく知られていると思いますが、
なんとゼリータイプのカロリーメイトもあるんです。

ゼリータイプのカロリーメイト

・その場しのぎでもすばやく食事代わりになる
・かなりの栄養素を同時にバランスよく補充できる
・どこでも携帯できる
・長期保存が可能
・災害、洪水の起こりやすいのは夏だが冷やして食べられる

予防のためにも、

大雨や熱中症の可能性がある夏や
台風の季節が近づく前に揃えておけば、
「あってよかった!」と思えることも。

持ちも良いので備蓄してあれば、
停電時にすぐ調理ができなくても栄養成分を取れます

これほど、夏の災害時にぴったりなものもなかなかなさそうですね。

カップ麺の意外な食べ方がある!?

非常時には思う以上に使い勝手があるものとして、
意外やカップ麺も!

カップ麺って普段は、お湯をかけて3-4分で食べますよね?

でも味さえ我慢すれば実は水でも、大体15分以上置くことで食べられるそうですよ。

飲み水の対策

断水などの水不足への備えには、
浴槽に水をたっぷりと張っておくと良いともいいます。
一時的な断水が起きても、飲み水を犠牲にすることなく数日分の生活用水になります。

しかし飲料水も必要ですよね。

たとえばこちらのペットボトルの水の保存期間はなんと「7年」!
備蓄のものは時間がたつとある程度消費してまた買い足すということが進められますが、
この水なら一度買っておきさえすればあとはいざというときまで全く手をつけないでおいても安心です。

別の所に高齢の親御さんがお住まいの場合もあるでしょう。

特にお一人ぐらしの場合など
高齢の方だけで急きょ、重い水を調達するのは大変でしょう。

それを見越して、事前に少しずつ届けておいてあげたりするのも良いでしょう。

500mlペットボトルの水を凍らせておく(大きめ冷蔵庫向け)

500MLのペットボトルが冷凍庫に入るような
やや大きめの冷蔵庫に向く方法です。

ミニサイズのペットボトルの水を何本か凍らせて置くと
停電になっても、保冷剤として利用できます

2Lボトルで凍らせるのは、
重すぎて持ち歩くのが大変です。

凍るまで一定の時間も必要ですから、
大雨の予報が飛び込んできたらできるだけ早めに製氷を開始。

膨張を防ぐためにも、
時々氷り具合を確認しながら凍らせていくと良いですね。

水の種類は、軟水や硬水関係なくお好みで良いでしょう。

冷蔵庫は、連続して10秒以上開けると温度が1℃上がるとのこと。
作業に時間がかかるなら、こまめに扉を閉じながら行いましょう。

大雨にそなえて温度を最低気温に設定すると
冷蔵庫内の物持ちが良くなります。

(台風時)暴風・ガラス窓対策

ここからは、いちばん下の「まとめ」前まで台風に対する必須対策です。

まず、ベランダにある物干し竿は下に降ろしておきます。

ほかに植木鉢はもちろんですが、あわせてほうきやちりとり、サンダルも念のために屋内にしまいましょう。

最近の暴風は非常に強いので、自宅だけでなく、
他の家への物損の恐れもできるだけ軽減したい
ところですね。

弾丸化するサンダル!?

サンダルとかまで面倒だなとは思いますが、テレビで衝撃的な映像をやっていた事をお話ししますね。

べランダに置いてあるサンダルやスリッパが、強風に飛ばされたらどうなるかの実験をしていたのです。
雨に濡れたサンダル

すると窓ガラスに向かって飛んだサンダルが、
なんとガシャーンとガラスを割ってガラスの反対側へと突っ込んでいくのを見ました。

映像を見ても信じられないほどでしたがこれはつまり、
外から部屋の中へスリッパが弾丸のように飛び込んでくるということ。
予想外に危ないですね(-。-;)

ガラス窓の危険性対策にはこの方法で

まずはガラス窓に、ビニールの養生テープをしっかりと「米の字」の形に貼っておきましょう。

養生テープを貼る図


養生テープ
は手でちぎりやすいので、手早い作業が可能です。

台風の接近時は、雨戸や網戸は閉めて、寝る前には窓をカーテンでしっかり覆いましょう。

最近の台風は、の風速数値は
時速に換算すると、なんと210km〜300km以上。
以前ならそう頻繁に出るものではなかったでしょう。
新幹線と同等の速度ですから、このような風速の時には、
窓ガラスは大げさなくらい守ったほうが確かです。

カーテンは安全の為なら
縫い付けてしまっても構いません。(テレビでそのようにアドバイスしていました)

寝るときは、頭側は室内に向けるようにして眠ります。

窓に貼る養生テープは必ずしたほうが良いのですがそれでももし、
テープを貼れていない部分に万が一ものが飛んでくれば、やはりガラスは割れてしまいます。

より強度を高めるには、「プラベニヤ」がおすすめです

引っ越しの時に作業員さんがエレベーターや玄関に傷を付けないように
すばやく張り巡らしてしまう、あの板と同じ素材ですね。

屋内側から窓枠まで、しっかり覆うように貼ると、安全性が高まります。

そして網戸ですが、ものすごい暴風時には右に左にバシバシ行き来したという報告が…。

ちょっと面倒でも網戸もいったん外して、屋内へ。玄関などに置くと良いでしょう。

次にはガラス戸の下部分です。
暴風雨の時には締め切っていても、ガラス窓の下のアルミ部分から、ボコボコと水が泡立つケースもあります。

窓をしっかり閉めた後アルミレールの部分に、ぞうきんやタオルを詰め込んでおきましょう。

大型化している台風や強風への長期対策を考えるなら…

ちょうど、強風で飛ばされた植木鉢の衝撃を再現している動画がこちら。

ただ、この実験も養生テープの貼り方や、ガラスに施した保護の強度、
また飛んでくる物の重さによってはかなり違ってくるとは思います。

それはそうとしても、こんなことになるのは本当に避けたい所ですよね!!
上の動画は住生活用品のリクシル株式会社による実験映像です。

もし応急処置ではなく、長い目でみた場合の今後の雨戸対策を考える場合には、
この際に思い切って丈夫な雨戸に取り替えるのもひとつの手ではあるでしょう。

自転車はあらかじめ横にしておく

自転車はまだ強風が来ていないうちに飛んでいかないよう、チェーンで柱などにくくりつけておきましょう。

また、できれば自転車を前もって横倒ししておくと、立ったままより多少なりとも暴風の抵抗が軽減されるでしょう。
倒した自転車

エアコンの室外機も可能であれば対応を(プロへの依頼必須)

エアコンの室外機も、相当な強風の中では、なんと、ガコンガコンと動くようです。
ですから金属やワイヤーで固定するのが望ましいとのことです。

しかし、素人の方がそのまま触ることは非常に危険です。
必ず登録電気事業の資格を持つ電気店などに依頼、相談をしましょう

エアコン室外機

おわりに

最初にこの記事を書いたのは2019年台風19号がやってくる直前です。

実際には、予想を凌駕した事態も広範囲に起きてしまいました。

ただ、少しでもここに書いた事が便利さや参考の一助にもなればと思います。
できるだけ安全に過ごせますように!

警戒レベル3になったら高齢の方は避難の準備をする目安です。
4になると全員避難しなければいけないとの事。
そうなってしまった場合は、できるだけ暗くなる前に出かけられるように心がけておきましょう。

あわせて読みたい

普段から使っている物が意外に役立つ事もあります。

軽かったりリュックやバッグに入れやすいものが役立ちます。

そのひとつに棒状のLEDライトもあるので、
このような情報も参考にしてみてください。(ただし水防止ビニール袋などに入れると尚良しです)

関連記事

こんにちは、Happycatです。 皆さんはパソコン机の下にもぐって作業をする時、 部屋の影になった場所に物を落として探すことになった時、 手頃な灯りがなくて困ったことはないですか? そんな作業を大幅にラクにしてくれるのが、[…]

ラッパうさぎの置物2

あわせて読みたい
災害対策のプロもおすすめの抜群にいいリュックを見つけました。それがこちらです。

関連記事

こんにちは、Happycatです。 最近けっこう揺れますよね。年度末の本日も揺れました。 先日は特にちょっとびっくりする揺れでしたのでなんらかのことがあった方へは、お見舞い申し上げます。 ただある程度までの地震なら、ときどき小[…]

登山ガイド:防災士 推薦 リュックサック