【ザ・スター 松田聖子 】「振り向けば…聖子」幻のスペシャル特番が復活!

さてこのブログでは珍しい、芸能記事を今日はひとつ。

松田聖子さんの幻のワンマンショー番組、
「ザ・スター 松田聖子 振り向けば…聖子」
が、なんと37年振りに全放映されるという情報を、直前キャッチしました。

実は、バリバリに松田聖子世代のわたし(同じ世代という意味じゃないですよ)は、当時はかなりの聖子ファン。

同様の条件でこの番組がまさに伝説的な存在になっている人もいると思います。

今回はそれを記念して、鮮やかな記憶を振り返ると同時に、
この「ザ・スター  振り向けば…聖子」を見る方法もご案内しますね。

当時見逃した人も、
または全盛期の松田聖子さんを初めてじっくり見る人も、
たっぷり楽しめるプログラムだと思います。

「ザ・スター 松田聖子 振り向けば…聖子」放映当時は?

1983年当時の松田聖子さんは絶頂期。
かわいさや魅力においてはこの年の聖子さんがいちばんでしたね。
この番組が放送されるのは丁度シングル「天国のキッス」の発売前でした。

放映は1983年の3月の毎週火曜日、真夜中の12時からの30分でした。
この辺りはしっかり覚えています。

遅い時間だったことや学校もあって、
最初はその番組の存在に気づきませんでしたが、ある夜。
家族が、「松田聖子の番組やってるよ!」と寝ていたわたしを呼んでくれたのです。

結構なファンだったわたしは急いでカセットをレコーダーにセットし、
録音の用意をして階下にかけおりました。
まあ、そういう時代だったわけですね(≧∇≦)

全部で5回の特集の中で見逃しもありましたが、
確か2、4、5回目はしっかりテープにも録音し、その後は歌も覚えるくらいリピート!

この「振り向けば…聖子」で見聞きしたものは、
わたしの中では松田聖子さんのいちばん印象の強い映像のうちのひとつです。。

しかし計算してみると実に37年前….そんなになるのか〜(^^;)

「ザ・スター 松田聖子 振り向けば…聖子」は、どんな番組?

「ザ・スター」シリーズとは?

これはウィキ情報を借りるのが早いので、調べてみました。
引用しちゃいましょう。

『ザ・スター』 – 1981年から1983年にかけて、フジテレビにて深夜枠関東ローカル番組として放送されていた音楽番組。毎月1組のアーティストをマンスリーゲストとして迎え、4週(特例として美空ひばりは5週)に渡り歌とトークを披露。
梓みちよ、石川さゆり、五木ひろし、五輪真弓、伊東ゆかり、内山田洋とクールファイブ、北島三郎、小林旭、小柳ルミ子、西城秀樹、桜田淳子、野口五郎、松田聖子、森進一、森昌子、森山良子、八代亜紀らなどが出演した。
プロデューサー:高田明侑、ディレクター:上原徹、構成作家:秋元康。永らくマスターテープが行方知れずになっていたが、
2012年にフジテレビの倉庫から発見された(収録テープには放送されなかった未公開部分も収められていた)

-出典:Wikipediaより

まさに「ザ・スター」という方々ですね♪
松田聖子さんと同世代はほとんどなく、すでに大御所の方ばかりでシブいです。

先輩群の中にひとり紛れ込んだような形だったわけですね。
それだけ当時の聖子さんのパワーも感じられます。
個人的にはここにジュリーこそ入るべきだと思いますが(≧∇≦)

ところで、なんと構成作家が秋本康氏というのが改めてびっくり。
このときからすでに活動していたんですね!
当時は新進気鋭作家だったそうです。

広告

「ザ・スター 松田聖子 振り向けば…聖子」の番組構成

さて、その「ザ・スター」シリーズの中での松田聖子さんの番組の構成をお話しします。

他の司会者の方もお相手もなく、
完全に聖子さんが一人きりでトークやコントを披露し、歌う。
…ということで、構成はいたってシンプルです。

セットも凝ってはいません。
だからといって安っぽいというわけではなく、
逆に贅沢に空間を使い、聖子さんに注目が完全に注がれるようになっています。

聖子さんもいつにも増して、目一杯自分自身を表現しています。

シンプルなだけに、「歌手・松田聖子」の実力だけで勝負しているような感じでしょうか。

コントではかなり天然なお笑い路線、
歌うときは実力派のアイドル性を歌声と姿で発揮しています。

歌うのは毎回5曲。
往年のヒット曲からアルバムの隠れた(?)名曲のほんの一部、
そして洋楽を含めたバラードでさらに本格的な歌唱を聴かせます。

あっという間の30分です。

「振り向けば…聖子」で印象が強かったナンバー

当時のわたしに強烈な印象の記憶を残した映像の数々。
それらをご紹介できればいいのですが、著作権の事情で残念ながら断念。
ということで、印象の強かったナンバーをここで書いてみます。

ちなみにこの当時の松田聖子さんは、
1983年初頭、三回目のヘアスタイル変更をしたあとの、ストレートパーマ。

数々の聖子スタイルの中でも、この年の髪型がわたしはいちばん好きで、
初パーマ(ストレート)をかけてしまうまでに至りました(≧∇≦)

以下に書いたのは歌われたナンバーの一部の様子です。
映像は掲載できませんが、
あとで実際のプログラムを見てみると、納得!なのではないでしょうか。

冬のアルバム

ざっくりしたニットの上下に身を包み、座って歌う姿が斬新に感じられました。

まるでポスター撮影みたいに、
シンプルな白壁を背景にして足を投げ出したスタイル。

ここでの演出やカメラワークは、
まさに贅沢なワンマンショーならではという感じですね。

夏の扉

シンプルだけど流れるようなリズムを刻む、横断歩道の縞々みたいな照明がかっこいい。

Rock’n roll good-bye

ダンスの動きにセンスを感じました。

HERE I AM

「振り向けば…聖子」では、バラードの聖子バージョンが別格だと個人的には思います。
そのひとつはこれ。知らなかった曲ですがエア・サプライ原曲なんですね。
当時テープに取って何度も聞き入りました。

グッバイ・ガール

デヴィッド・ゲイツという歌手の”Goodbye Girl”のカバー。
これも同じく、この特集で初耳の曲でした。やはりバラードは良いですね。

エンドレス・ラブ

そしてこの「エンドレス・ラブ」。
これは「振り向けば…聖子」の中でわたしとしては最高の記憶です。

イントロと同時に斜め上からだんだんとスピンで降りながら寄っていくカメラワーク。

メロディーとともに盛り上がっていくドラマティックな展開に、
ぐいぐい引き込まれていきました。

思いを込めて歌い切っていく姿と、
顔の輪郭を縁取るスポットライトが神々しく感じられたほど。

声の伸びといい声量といい、この時はまちがいなく
「松田聖子の実力が存分に発揮された最高の歌唱」だと感じたものです。

このようにしてみると、「ザ・スター 振り向けば…聖子」がいかに
本格的に完成されたワンマンショー番組だったかが伝わるのではないでしょうか(*^_^*)

「ザ・スター 振り向けば…聖子」を見るには?

「ザ・スター 松田聖子 振り向けば…聖子」は、
今回「歌謡ポップスチャンネル」でついに甦ります。

第一回目は3月22㈰。
それ以後、4月19㈰までの毎週日曜日で計5回です。

実際には、「振り向けば…聖子」だけではなく、
他にも同時に松田聖子さんをフィーチュアしている番組をわりと揃えています。

知らなかったのですが、2018年にも同番組はリバイバルしていたようですね。
ただしこのときの放映は、短くまとめたダイジェスト版だったようです。

しかし、今回はやっと初の放送当時を5週分をまるごとフル放映!!とのこと。

昔ファンだった人も今ファンな人もこれはお宝体験になること間違いなしです。

見るだけで、聖子ファンも当時の聖子ファンだった人も
ワクワクしそうな予告はこちらで確認できます▼

ザ・スター 松田聖子 振り向けば…聖子

「歌謡ポップスチャンネル」を見られるのはこの4つのサービス!

「ザ・スター 松田聖子 振り向けば…聖子」を今回放映するのが
「歌謡ポップスチャンネル」だという事はおわかりになったと思います。

さてそれでは、この「歌謡ポップスチャンネル」を見るにはどうしたらいいのでしょう?

上のHPもたどっていくと出てきますが、手っ取り早く言うと以下の4つです。
わたしが今回申し込んだのはスカパー!でした。
ですからスカパー!の説明がいちばん詳しいのですが順にご紹介しますね。

● スカパー!

まずはわたしが実際に申し込んだ「スカパー!」からご紹介します。

実は申し込んだのはこの記事を書いた本日。
無事、即日視聴可能となりました\(^O^)/!!

上に書いてある
お申し込みから約30分で見られます
というのは、けして誇張ではありません。

本当でした

さらに、機器の設置も宅内工事派遣もなし!!
この条件がなければ、奇跡の特番復活も今回ばかりはあきらめていたところです。

上のスカパーさんのページに行くと詳しく書いてありますが今回、
「スカパー!」の即視聴を可能にしてくれたのは、BS/110度CS対応のテレビを持っていたことでした。

わたしの持っていたポータブルテレビは、
パナソニックのプライベートビエラシリーズでした。


小型で持ち運びやすく、家じゅう好きな場所で見ることのできるポータブルテレビです。

持ち運べる小ささが魅力のポータブルテレビ。
しかし、折角のプログラム。もし大画面で見ることができたら何倍も嬉しいですよね!実はこのポータブルテレビを大画面に出力して見ることも可能なのです。デスクトップPC程の大きさで満足できれば、わざわざ高い大画面のテレビを買わずに済ませられる可能性も!
▼こちらに書いてあるので、可能そうな方は、是非参考にしてみてくださいね。
関連記事

以前にプライベートビエラの電源接触不良時の対処法を書きました。 我が家のビエラも上の記事で紹介した方法で甦って以来、今も無事稼働中です(^^)♪ ところで今回の記事の内容は、 自宅にあるパソコンのモニターをプライベートビエ[…]

そして光回線(これはそもそもパソコンをつないでいれば95%以上の方は引いてあることでしょう)
この二つが揃えば、アンテナ設置も不要です。(詳細はスカパー!HP内)
ほんと、知りませんでした。

単にチャンネルの設定を変えるだけで開通しました。

電話のお姉さんはとても親切にうまくいくまで見届けるように誘導してくれました。

参考までにわたしの環境の場合でスカパー!を開通した流れは
長くなるので、別記事で書こうかなと思っています。
ウェブからも申込を受け付けています。

もし不明点や不安があれば気軽に現状の環境をわかりやすく伝えてみましょう。

その上で、この番組が見たいという希望も伝えれば
きっと最後までアテンドしてくれるでしょう。
コールセンターの女性

初月は無料期間なので見るならすぐにGO!です。

とにかく開通して見られるようになり、大感激です。
放映当時がとっても楽しみ!

● ひかりTV

ひかりTVも「アンテナ不要、工事不要」がとても嬉しいサービスですね。

J-COM(ジェイコム)

こちらは沢山のチャンネルをまとめてお得に見ることが出来るようです。お好みで選びましょう。

お急ぎの方必見!お申込みから開通まで最短4日!【J:COM(ジェイコム)】

●CATV

CATVは全国各地でそれぞれが独自に持っています。
中でも多いのがやっぱりJ-COMですね。

やっぱりケーブルテレビが安心?今なら最大79,200円相当貰えるJ:COM

さいごに

初めて「ザ・スター  振り向けば…聖子」を見た当時、
「いつかまた見たい!!」と思った日から実現までこんなに年月を
費やすことになるなんて、言ってみればあまりにも高いハードルでした。

でもそんな希有なチャンスをしっかり掴むことができたのは嬉しい限りです。

今回新型コロナウィルスも忘れられる
最高のエンターテイメントを味わう機会にしてしまいませんか?
奇跡のアイドル、「松田聖子」ショーの魅力をたっぷり堪能しましょう!

スポットライトステージ
最新情報をチェックしよう!